スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副作用疑惑

KENの膀胱炎は薬が効いて落ち着いてきています。
尿の色はいつもどおりに戻り、頻尿もなくなり
食欲も元気も回復しました。

話はかわりますが、

きのうの血液検査で
肝機能と腎機能が信じられないぐらい良かったことについての考察。

先月11月の血液検査の結果は肝機能、腎機能に関係するものの
数値が何項目も軒並み高くてひどい結果でした。
しかもその上がり幅がどれも大きいのです。

数値だけ見るとなんかもう、体の中がぼろぼろという感じで
臓器の老化が一気に始まってしまったのだろうかと落ちこんでいました。

先生は何か大きな病気があってのことではないからと言い切り
食事をかえたのならもとに戻したらと。。。

でも先月も先々月もほぼ同じ内容の食事をしているわけで、
私として食事のせいだとは思えなくて、

何か釈然としない。。。。。
何かがおかしい。。。。と漠然に感じました。

食事に問題がないとすれば、他に考えられるのは薬。

病院で出されている心臓の薬を見直してみました。
6種類も飲んでいます。
一つずつ副作用を調べてみました。

ある血管拡張剤を飲んでいるのですが、
その薬の副作用にGPT上昇、BUN上昇 というのがありました。

今までの検査結果をさかのぼって見ていくと
薬を飲み始めてから徐々にGPTが上がっています。

もしかしたらと思いました。

その薬を一ヶ月飲むのをやめてみました。

そしてきのうの検査結果は非常に良いものでした。

9ヶ月の間ずっと肝機能の数値に悩まされていたのに
ここへきてなぜこんなにもあっさり正常値になるのか
逆に不思議でなりません。。。。

GPTが356もあったものが63まで
一気に落ちる落ち方はやはり薬の副作用を疑ってしまいます。

スポンサーサイト
プロフィール

そよご

Author:そよご
日々の生活と
愛犬KENのことを
綴っています。

愛犬:KEN
パピヨン
1999年4月10日生
2014年4月07日永眠

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。