スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぬ・犬・イヌ


渋谷区松濤の閑静な住宅地にある松涛美術館で開催中の
「人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友
  いぬ・犬・イヌ」展へ行ってきました。

s0588.jpg
(松涛美術館)

自分の愛犬の写真を持っていくと 入館料が二割引きなります!
もちろん、KENを連れていきましたよ!
そして、その写真は入口に貼ってくれます。
s0584.jpg
サングラスをかけたKENです。(^^)

犬のハニワ、近世・近代、現代の犬の絵画、彫刻など90点展示。

犬と人との関わりの歴史をみることができました。


スポンサーサイト

野田哲也展-金谷美術館

※覚書


野田哲也「日記シリーズ」 





燕子花(かきつばた)

s9194.jpg
青山にある根津美術館へ行ってきました。


光琳の 「燕子花図」と応挙の「藤花図」を観てきました。
光琳の国宝「燕子花図」はあまりにも有名ですが、
応挙の「藤花図」の繊細さに心打たれました。
s9182.jpg
美術館のお庭には本物の燕子花が!
ちょうど見ごろできれいでした!
s9184.jpg

根津美術館尾形光琳と円山応挙の「燕子花図 藤花図」展 5月18日まで

東京近隣の方いかがですか?

目の保養

1303010.jpg
東京の昨日は6月の陽気。
そんな急に暖かくなられても私の融通の利かない頭の中もタンスの中も
まだまだ”冬”のまま。
出かけるのに何を着たらよいのか迷いながらも、
都内ギャラリーの常設展の最終日へ。

展示作家はポール・カポニグロ、柴田敏雄、四谷シモン、渡辺兼人。

なかでも心惹かれたのはDMにも使われていたこの一枚。

被写体のお人形はかの四谷シモンさんの作で
それを撮ったのは実弟の木村伊兵衛賞作家の渡辺兼人さん。

素晴らしい被写体と素晴らしい撮影。魅了されました。

シモンさんはご自分の作品の撮影は篠山紀信さんに
お願いすることが多く、実弟の渡辺さんがシモンさんの作品を
撮った写真で今残っているのはこの1枚しかないと
ギャラリーの方に伺いました。兄弟コラボ作品として貴重な一枚。

期待して行ったカポニグロは一点のみの展示だったので
少しがっかりでしたが、とても良い目の保養となった一日でした。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

プロフィール

そよご

Author:そよご
日々の生活と
愛犬KENのことを
綴っています。

愛犬:KEN
パピヨン
1999年4月10日生
2014年4月07日永眠

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。